リサーチ

クィアアート理論

**英語で書かれた論文**

クリックして今すぐ読む

2019年の秋から, 初めてのXジェンダーについてのクラスがテンプル大学日本キャンパスに行われます。

 

このクラスが作られたきっかけは,あるトランズジェンダーの生徒が1960年代から現代までのXジェンダーについての独立した研究を要求したからです。

1990年代には, "queer theory" (クィア理論)は、構築的、流動的で、かつ実行可能に定義できるアイデンティティとして理解する学際的な分析方法として登場しました。


他との違いや疎外化をポジティブに好みながらも,固執した,正常でないという見方に対しては反対した姿勢をとっている。

 

そのため, このこース目的はは常に変化しているこの

Xジェンダー分野を生徒の皆さんへ紹介することです。このコースを全てにおいて理解することはできません,なぜならこの分野はまだ確立されてないからです。 

アートとクィア理論オンラインコラム

アップライジンウェブサイトの最初のクィアアート理論オンラインコラムへようこそ。

このページでは、2019年秋のアートおよびクィア理論のクラスの学生が行った研究論文とグラフィックとセレクションをまとめています。

そのクラスは、セクシュアリティだけでなく、年齢、国籍、性別、クラス、興味などの点でも非常に多様な背景を持つ生徒達で構成されています。

 私達は多くの難しい理論的な論文を読み、抽象化を拒否する問題に取り組んでいます。なぜなら、クラスで議論する問題は、クラス外の日常でも起こっている非常に個人的で政治的な問題だからです。

​なので、それらの問題がクラスの中や外での私達の会話の中でも問題となっています。


このコラムがそのような問題に対する会話を活発にできればよいなと思っています。

Nettleton Taro 教授

uprizine とは?

アップライジンは色々な人々の意見や創造性溢れる文書、詩歌などに加えて身の周りにある情報ージャーナリズムを通してテンブル大学日本校の様々な分野にわたる問題について、認識を高め会話を促すことを目標にし活動しています。

免責条項:このサイトはザイン倶楽部を通してTUJの学生らが自ら運営している媒体であり、テンプル大学を代表したものではありません。

翻訳に関するお知らせ:

 

私たちのサイトはメンバーや学生によって翻訳されているため、今回すべてのコンテンツを翻訳することはできませんでした。しかし、私たちはサイトの基本的な特集を日本語と英語の両方でご覧いただけるように最善を尽くします。